中綴じ印刷やチラシで広く伝える【ででんとセンデン!】

印刷

仕上がりに拘る

パンフレットを作るときの業者選びでの注意点

男性

景気回復は企業の業績にプラスになる一方で、人材募集が難しくなるのが一般的傾向である。そこで会社案内を作成する場合には、人材募集にターゲットを絞った内容にするのが理想的であろう。また会社案内のパンフレットを作成する場合には、発注者のニーズに合わせたプランの提案が可能な業者を選ぶことが最も大切である。特に採用情報を掲載した会社案内の作成の実績が多い印刷業者や広告代理店であれば、満足できる仕上がりのパンフレットを作ってくれるであろう。そして予算が限られている場合には、指定した予算内でページ数や内容を調整する業者が理想的である。そのような業者であれば、作成予算が100万円以内であっても質の高い会社案内を作ってくれるであろう。

会社案内を作成するときの内容の注意点

人材募集用のパンフレットを作るときには、想定する読者に合わせて内容を決めることが重要である。特に新卒採用を目的にする場合には、高校や大学の卒業者向けの内容にするべきであろう。しかし同時に、学生の保護者向けに情報発信をする心がけも重要である。なぜならば最近の就職活動においては、保護者の考えも強く反映されるからである。そこで学生向けには企業内での仕事の魅力をアピールする一方で、保護者向けには安定性と将来性をアピールするような二段構成にするべきであろう。また中途採用も視野に入れる場合には、転職者向けの研修が充実している点をアピールするべきである。特に転職者の体験談も会社案内の内容に含めることで、幅広い年齢層の募集につなげることが可能であろう。