中綴じ印刷やチラシで広く伝える【ででんとセンデン!】

印刷

紙の情報を利用する

中小企業がパンフレットを作るときの工夫

セミナー

中小企業が製品や人材募集などの情報発信を行うときには、最近ではホームページの活用が主流である。しかし積極的に情報発信を行う場合には、会社案内の作成が必要であろう。しかし中小企業の場合には広報活動に活用できる予算が限られているので、シンプルで多機能な冊子を作るべきであろう。そこで会社案内の作成を依頼する場合には、テンプレート式で12ページ程度の内容にするのが理想的である。確かにページ数が少ない場合には、掲載できる内容が少ないという点が問題であろう。しかしページ数が少なくてシンプルであることは、読みやすさにもつながるであろう。そこで会社案内のページ数が少ない場合でも、上手に編集を行って充実した内容にするべきである。

近年の中小企業の情報発信への取り組み

最近では中小企業が合同就職説明会に参加したり、製品を紹介するイベントに参加するのがトレンドである。そして各種イベントにおいては、企業が独自に作成した会社案内を配布するのも流行であろう。その場合には1冊の冊子で多様な情報を紹介することが重要であり、図表や画像を豊富に活用した作成プランが大人気である。特に内容を読むだけではなくて、目で見るだけでも直感的に理解できるパンフレットは今後も主流になるであろう。わかりやすい会社案内であれば、最後まで読んでくれる人が多いので、その情報発信の効果は絶大であろう。またパンフレットを配布するだけではなくて、説明会でその内容に沿って企業紹介を行うことで、会社への理解も深めてもらえるであろう。